トップ

生理痛が重いタイプの悩み

昔から生理痛がひどいタイプの20歳大学生です。毎月毎月お腹の痛みに悩まされています。生理痛の痛みは人によって変わりますよね。全くないという方もいれば、軽く痛む人、私のように強い痛みが伴う人・・・。

しかも一日で終わることではありません。一日だけならなんとか耐えようと思うかもしれませんが、私の場合は生理が終わるまで一週間痛みがずっと続きます。
下腹部にズキンズキンと重い痛みが・・・。
ひどい時には痛すぎて立てないほど。ずっと布団の中でうずくまっています。

痛みだけではなく、めまいや吐き気、冷えなどの症状もあります。
更に体に現れる症状だけではなく、精神的にもイライラしたり落ち込んだり・・・本当につらいです。

学校を休んでしまうなんてこともしばしばあります。
痛みに耐えることができずに鎮痛剤の量もどんどん増えてしまっているのです。
辛い時には市販の鎮痛剤を飲んでいますが、一生こんな痛みに悩まされ、薬を飲み続けるのは嫌・・・。

だって鎮痛剤はあまり体に良くないと聞いちゃったんですよね・・・。

“消炎鎮痛剤は自然治癒力を阻害する
消炎鎮痛剤は血管を開く物質の生産を阻害する薬なので、血管を閉じるように働きかけます。患部に押し寄せる血流と痛み物質が止められるので、痛み自体は一時的に治まります。しかし、血流を止めているので、壊れた組織の修復も止めてしまいます。

出典
市販の消炎鎮痛剤(痛み止め)常用は危険!薬の飲み過ぎで起こる症状・副作用が怖すぎる。 - Spotlight (スポットライト)

痛み止めは、痛みを根本から無くす力はないですもんね。一時的に痛みを取っているだけ。習慣的に飲んでしまうと、体のSOSサインに気付かなくなってしまうらしいのです。

しかも痛みがひどい時に鎮痛剤を飲みすぎちゃったのか、胃が痛くなってしまった経験もあるのです。

女性で私のように生理痛の痛みに悩んでいる方は結構多いのではないでしょうか。
私と一緒に改善のための糸口を見つけましょう。